会社について

東莞ラッキーイヤー精密金型部品有限公司は東莞市大朗鎮にあります。 Luckyear のオーナーであるクォック氏は、2005 年から合弁工場で金型部品の製造に従事してきました。長年の製造経験を経て、金型および金型部品の製造に関する十分な知識を習得しました。 2015年、彼は自分の会社を設立するという大きな決断をしました。それからラッキーイヤーが始まりました。当初、Luckyear 精密は生産に焦点を当てていました標準金型部品そしてプラスチック金型部品。世界中の大切なお客様のご支援と信頼により、各種プレス金型部品(標準金型部品)、プラスチック金型部品(標準金型部品)を除く、各種部品の生産ラインを拡大してまいりました。さまざまな機械加工部品、CNC部品、自動車部品、プレートおよびブロックなどに限定されます。

一方、金型開発におけるお客様のさまざまなニーズを満たすために、当社はお客様の設計や提供されたサンプルを正確に基にして、幅広いカスタマイズ部品や特殊部品を製造することができます。

品質とサービス第一が当社の企業方針であり、決して変わることのない文化です。当社は、競争力のある価格、短納期、最高のサービスで高品質の製品を提供することに尽力しています。この業界に19年以上携わっている製造チームがバックアップしますので、安心してご協力いただけると確信しています。

私たちは今はまだ若いかもしれませんが、学びと成長を決してやめません。私たちと一緒に、あなたも変化を起こすことができます!

19年以上の製造経験と12年以上の輸出経験を持ち、ミスミ、デイトン、レーン、フィブロ、MDL、DME、ハスコ、モラー、シュタイネルなどの規格に精通しています。当社は中国(GB)、日本(JIS)、ドイツ(DIN)、米国(AISI)の技術基準およびお客様からの特定の要件を厳格に従っています。 Luckyear はチーム構築と精密機器への投資を非常に重視しています。当社は、部品製造​​の経験を持つ上級技術者のチームを国内、ヨーロッパ、アメリカの市場に導入しました。さらに、同社はソディック放電加工機、スイスワイヤー切断機、タキサワCNC旋盤、自動成形研削盤、平面研削盤、センタレス研削盤、はしご研削盤、外径研削盤などの強力な技術力、充実した設備と高度な技術を持っています。 /内穴研削盤。検査機器にはニコン製プロジェクター、ミツトヨ製2.5次元工具顕微鏡、ニコン製ハイトゲージ、硬度計などを完備。経験豊富なエンジニアの指導のもと、高効率、高精度、経済的な製品を保証し、お客様の問題を迅速に解決します。

ご不明な点がございましたらお問い合わせください


We use cookies to offer you a better browsing experience, analyze site traffic and personalize content. By using this site, you agree to our use of cookies. Privacy Policy
Reject Accept